ドイツの滞在ビザをめぐる状況・随時アップデート

※ ベルリンのフリーランスビザは2017年からは取得要件が厳しくなりました。最初からドイツ国内のクライアントが2件あることが求められます。

━━━━━━━━━━━━━━━

外国人にとって一番大事なのは滞在ビザです。ビザがなければ滞在することができませんし、ビザに書かれていない就労をすることもできません。

滞在ビザが比較的取りやすかったドイツですが、移民・難民・テロや政治状況によっても状況は刻々と変化しています。2016年クリスマスのベルリンでのテロ、その他ヨーロッパ各地でのテロの影響で2017年になってからマネーロンダリング法も改訂されています。都市や担当官などによっても対応はかなり違います。数ヶ月前とは状況が異なることもありますので誰かのブログのビザ取得記は全く参考にならないこともあります。

この投稿では随時アップデートして最新情報をお届けします。

*滞在ビザに関するオフィシャルな情報はドイツ大使館のサイトをご確認ください。

*ベルリン市のオフィシャル フリーランスビザ情報(英語) はこちら

ビザ取得に関する現状

正規に就職をする場合には通常はビザの取得は問題ありませんが、自営業やフリーランスの場合は都市によってもかなり状況は異なります。日本人が多い街は、デュッセルドルフ・フランクフルト・ミュンヘン・シュトゥットガルト・ハンブルグ・ベルリンなどです。上記を含む元西側の大きな都市は比較的ビザが取りやすいと言えます。

ところが、小さな都市では役所も外国人の対応に慣れていないために時間がかかったり、より多くの書類が必要だったりするケースもあります。逆にフレンドリーで融通を効かせてくれる場合もありますが。

元東ドイツの都市は西に比べると未だに所得は低く失業率も高い状況で、外国人や移民に対して寛容でない人たちも東側のほうが多いのです。

ベルリンから1時間ほどしか離れていない元東ドイツのライプチヒのような大きな都市(人国56万)であっても、ベルリンとは全く扱いが違い、ビザ取得には時間と手間がかかるようです。

デュッセルドルフ

約1万人と最大の日本人人口を有するデュッセルドルフでは日本人のビザは特に取りやすく、日本人を専門に対応してくれる弁護士もいるのでトラブルの時も安心です。

ビザ申請の予約は自分ですると面談日が何ヶ月か先だったりしますが、弁護士を通すことですぐに予約が取れるということもあります。

デュッセルドルフは家賃も高めですが、ビザが取りやすいのでまずはデュッセルドルフで住民登録をして、ビザ取得後に周辺都市に移るというやり方もあります。

また近郊に部屋を借りても、デュッセルドルフ市内で住民登録をしてビザ申請もデュッセルドルフでするというケースもあります。

必要に応じてデュッセルドルフの弁護士の紹介も致します。

ベルリン

ベルリンの状況は他のドイツの都市と比べてかなり特殊です。他の都市では考えられないくらいアーティストビザや自営ビザが取りやすい状況が続いていました。が、最近は最初からドイツのクライアントが2件あることを問われるようになってきました。それでもそこは対処法もあり、フリーランスの最初のビザを取得する方法はあります。

1990年東西ドイツ統一、その後ベルリンはドイツの首都となり変貌を遂げていきます。壁が開いた直後は、空き部屋に勝手に住み込みそのまま所有権を主張するようなことがありました。そのような混沌、経済大国の首都でありながら発展途上国のような雰囲気だったクロイツベルグ地区、近代的な建物が次々に立てられていったフリードリヒ通り、まさに刻々とその姿を変えていくようでした。

2000年台前半はまだフリーランスビザやアーティストビザを取っている人はほとんどいませんでした。その頃はまだベルリンは空き部屋が多く、部屋を探すのも簡単で家賃も安かったのです。世界中からアーティストが集まってくるようになり、多くの方がアーティストビザや自営ビザで滞在するようになりました。

今では多くのITスタートアップが集い、そこでは英語が共通語となっています。今ではヨーロッパでも一番地価の上昇率が高く、家賃は上がり、部屋を見つけるのは困難になってきました。

ベルリンでのビザ取得サポート・部屋探しについてはお問い合わせください。

ビザサポート・その他のお問い合わせはこちら

情報提供のお願い・お問い合わせ

ドイツにすでに滞在されている方で、特にここに書かれていることとは違う現状を体験された方はお知ら頂ければ助かります。これからドイツに来られる方の参考になると思いますので。

その他お問い合わせなども以下よりご連絡ください。
http://jinenbo.me/contact

関連情報

■ ドイツの健康保険案内

ドイツの健康保険のことならこちら
https://dj-finanz.de/kenkohoken/

■ 格安で海外送金する方法

トランスファーワイズなら日本から海外への送金は手数料たったの1%!詳しくは以下

「海外送金が圧倒的に安いトランスファーワイズで送金してみた」
https://dj-finanz.de/transferwise/