海外フリーランスのための請求書作成オンラインソフトZervant

フリーランスや個人事業をすれば本業以外に会計・請求書発行・役所対応など様々な事務仕事が発生してきますが、無料または非常に安く使えるツールがたくさん出てきています。

zervant.com はフィンランド発のスタートアップ、インターフェイスは英語・ドイツ語・フランス語・オランダ語・スウェーデン語・フィンランド語が使用でき、全ての通貨での請求書の作成が可能です。

無料のクラウド型請求書作成ソフト

Zervant はクラウドソフトなのでブラウザさえあればどこでも使用可。スマフォや複数ユーザーにはまだ対応していませんが、同時に複数のPCからのログインはできるようです。デザイン性もよく、シンプルで使いやすく設計されています。画面はこんな感じ。

 

・請求書・領収書・見積りの作成
・統計
・未払い請求の管理
・請求書のメール送信

など基本的な機能を備えていて完全無料!ただしまだベータ版という感じで、これからまだ機能は追加されていくようです。

請求額、未払い額などが視覚的にもわかりやすい

国ごとの対応はまだ不完全

最初の登録画面を見ると、どこの国でも使えるようになっているように見えますが、、、

ドイツを選択して登録して試してみると、法的に必要な記述が自動的に表示されるような機能はまだないようです。

例えば売上税表示が義務付けられている人の場合、クライアントがドイツ国内の場合は19%の売上税がかかるのですが、日本のクライアントに対しては売上税が免除され、またその理由を明示しなければなりません。またEU内のクライアントの場合はB2BではVAT IDがあれば売上税を記載しないが、B2Cでは売上税を記載するなどのルールがあるのですが、このあたりがこのソフトではまだ自動化されていません。

知識があれば、状況に合わせて売上税率を変更したり、自分でそれぞれの請求書にテキストを書き込むことはできます。(ただ、残念なのがカスタムテキストに日本語が使えないことです。)

ユーザーの多そうなドイツに関してがこれなので、他の国の場合でも使用する場合はさらに注意したほうがいいでしょう。

(オフィスはUKにあるようなので、UKでは対応しているのかもしれません、未確認ですが)

 

他の選択肢

このあたりの法定記載事項などに不安がある場合、ドイツ在住者には smallinvoice.com をお勧めします。こちらはドイツに合わせた用語や売上税率などになっているので安心です。

また、クレジットカード決済を導入したい場合には今のところZervantではできないので他のツールを使うことになります。詳しくは以下の記事で。

フリーランスとして独立したら必ずついてくるのが本業以外の事務作業。良いツールをうまく利用すれば時間を節約して効率よく作業できます。地域によって相性がいいツールも変わってきます。今回取り上げるのはおもに請求書作成ツールでクレジットカード決済と連動させることができるサービスです。

まとめ

他にも 無料で英語で使える smallinvoice.com とも比較した結果、今まで使っていた Collmex.de(ドイツ語のみ)から自分はこの Zervant に乗り換えました。実は smallinvoice.com のほうが高機能なのですが Zervant にした理由は

デザイン性とユーザーエクススペリエンスが高い

これは結構重要で、デザインや色彩が違うだけで実際気分が違うのと、シンプルでサクサク動くので使っていて楽しい感じがします。同じことができたとしてもWindowsよりもMac使ってるほうが楽しいみたいな感覚です。

それと、Zervantはまだスタートアップで調達した資金で開発しているようです。おそらく今は無料でユーザーを増やして、後々は有料サービスを開始するのではないかと思います。スマフォアプリも登場するといいのですが。ということでまだ発展途上であることと、今から使っているユーザーば将来有料になる機能もそのまま無料で使えるのではないかという期待もあります。

僕はGoogleSuites(当初はGoogle Apps)も初期の頃から使っていたので、今は有料になっていますが、全てそのまま無料で使えています。

ですので登録だけでもしておくといいかもしれませんね。